<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * - *
それは、私がかわいそう〜
「近所のお友達が、溶連菌に感染したんだよ〜。チビーうつったかもしれないな〜汗
って話を実家の母としてたときに、衝撃的な話を聞きました。
(って、たいしたことじゃないんだけどさ)




昔、私が幼稚園の年少さんだったときに、猩紅熱(しょうこうねつ)にかかったらしい。
そう、今でいうところの、この溶連菌です。

んで、幼稚園を2週間くらい休んで・・・
(なんでそんなに休むんだ?昔は特効薬がなかったのか?)

やっとこさ、お医者さんから、登園許可が出て(←ここ重要ひらめき
幼稚園にいけるようになった数日後・・・・


幼稚園の先生から、母が言われたこと。

『ひよこまめちゃんが幼稚園に戻ってきたら、とたんに、猩紅熱が広まったんですよ!だから昨日、仕方なく消毒業者を呼んで、幼稚園中、消毒したんですよ。』
だって。


そう。幼稚園に猩紅熱が広まったのは、全部、私のせい!って言われ方をしたらしい。

そ、そんなぁ。
だって、お医者さんから登園許可が出てから行ったのに。
私が発病してから2週間以上が過ぎていたのに・・・・


なんで、私が病原菌みたいないわれ方〜〜〜???
ってか、やっぱり、私が病原菌だったのか?(←不安)


なんかさ、4歳の私がかわいそうになってしまったんですけどポロリ

っつうか、幼稚園サイドから、こんなこと言われて、母、つらかっただろうな。

す、すまぬ悲しい

* おもひでポロポロ * 20:41 * comments(6) * trackbacks(0) *
年賀状のおもひで
年賀状にまつわる、いろんな思い出ってありますよね?

年賀状にまつわる、情けない初恋のおもひでがあります。
興味のある人だけ、どうぞ。
って、たいした話じゃないんだけどさ(汗)



中学のとき・・・

すごく背の高いサッカー部のかっこいい子がいて・・・
かなりあこがれていたんだけど、クラスも違うし、出身小学校も違うしで、
クチも聞いたことないし、ましてや、あっちは、私のことなんか、知りもしないんだろうな〜って思ってたんだよね。

そうしたら、来たのよ!彼から、年賀状が!!!

まじっすか???びっくりびっくり
手が震えたよ・・・ほんとに。

文章は「あけましておめでとう。今年もよろしく」だけでさ。(絵もなにもないのよ)
よろしくもなにも、クチも聞いたことないじゃん!って思ったんだけど・・・

問題はその後。
はがきの隅っこにシールが貼ってあったの。

そのシールがさ・・・アルファベットのシールで・・・
「I Love You」って並べて貼ってあったのよーーー!!!

これには、悩まされたね。
どういう風に受け取ればいいのか・・・・
真面目にこういうこと言ってるのか、それとも、ふざけてるのか。

返事・・・なんて書いたらいいか、わからないよね?

わからないでしょ???

もう少し、大人ならば、色々対処の仕方もわかったのかもしれないけれど、
中学生の私には、無理でした悲しい
同じアルファベットのシールでも、持ってりゃ、「Me Too」とでも貼れたでしょうが・・・
ペンでそう書くのはなんか違うような気がして。

とりあえず、そのことには触れず(気持ち的には保留)、普通に年賀状の返事を速攻で書いたわよ。
当たり障りのないことだけ書いて。

学校が始まって、彼と廊下ですれ違ったりするんだけど・・・
あっちはぜ〜〜〜ったいに、こっちを見ようとしないの。
私は、彼の表情見れば、冗談なのか、本気でやってるのか、わかるかも?
見たいな感じで結構、ちらちらと見たりするんだけど・・・

意地でも、こっち、見やしねーーー!

わかんね〜〜〜汗
私はどうしたらいいわけ?

結局、そのまま・・・・・になってしまいました。

学年も上がり、何ヶ月かして、彼が他の女の子と付き合ってるって、うわさを耳にしました。

はい!消えた!なるほどザワールドのキンキン風に

初恋、終わる。_| ̄|○

何年もたって、大学生のときに・・・・
一度だけ、彼を駅前で見かけました。
めまいがしそうなほど、かっこよく素敵になってました。
某有名k大学(いわゆる、Kボーイ)に入学したと人づてに聞きました。

もしあのとき、違った行動をとっていれば・・・・
さらなる後悔の念にとらわれる、未練たらたらの女になったのは、言うまでもありません(笑)

* おもひでポロポロ * 09:53 * comments(2) * trackbacks(0) *
「注意書き」だらけの宿
夏休みの旅行計画を立てるんで、「るるぶ」なんぞをぱらぱらめくっていたら・・・・


その昔、泊まった事のある、とあるペンションが載ってました。
でも、今は、「プチホテル」に昇格してるようです。


ここ、そうね、かれこれ、12〜3年前に、当時つきあっていた彼と、
紅葉のきれいな時期に旅行で利用したペンション(当時は)です。


見た目はすご〜くかわいい建物で、エントランスもおしゃれなイギリス庭園風のガーデニングがしてあったりして・・・

ぱっと見、「かなり期待できる!!」って感じなのよ。


でもね、ほんと、ろくでもない宿だったのよ〜〜。



だってね、どこ見ても、あっちもこっちも、


「注意書き」だらけだったんだから!!!


まず、玄関。
「靴はそろえて、下駄箱にお入れください」
はいはい。そうですよね。

部屋へ向かう途中・・・
「廊下は静かに!」「階段は静かに登りましょう!」


まぁ、そりゃ、そうだわよね。


部屋に入ると・・・・

「壁のフックには、重たい荷物はかけないでください」
「ベッドの上で、飛び跳ねないでください」
「部屋でお菓子は食べないでください!部屋が汚れます!」
「テレビはあまり大きな音で見ないでください」



あと、なんだったかな?
それらが、全部、ピンクとか、黄色とかの「色画用紙」にマジックで書いて、
あっちこっちに貼ってあるのよ!

落ち着かないっての!!(@`Д´@)


夕食の時間になって、1階の食堂に行くと・・・
やっぱり、いたるところに「注意書き」が・・・・
それに加えて、「宣伝書き」も加わってました。( ̄▽ ̄;)

「テニスコート、ご利用できます。1時間800円」
「レンタルラケット 1本500円 / レンタルボール  1個200円」


「ラケットとボールくらい、タダで貸してくれれば、いいのにね。」
彼がニヤニヤしながら、そんなことを、つぶやいてたっけ。



さらに・・・
「おいしい野沢菜あります。一皿50円」


こりゃ、安い!ってんで、一皿注文してみました。





出てきたのは、刺身醤油を入れるような、ちっこい器に、ちょびっとだけ・・・

本当に、お昼の定食とかで、おまけとしてついてくる程度の野沢菜冷や汗


こんなちょっとだったら、サービスで、タダで出せ!!



食事が終わり、げんなり気分で、部屋に戻る途中・・・


廊下にある共同のトイレに行ってみると(部屋にトイレがついてなかったので)・・・・

案の定!
「トイレットペーパーはたくさん使わなくてもふけます」

その頃には、もう・・・

余計なお世話じゃ!!!怒り


「使い終わったら、必ず、電気のスイッチは切っておいてください」


いやだね!絶対、消してやらんっ!!!




はぁぁ〜〜〜。

部屋に戻ると、同じく男子トイレに行った彼がもう戻ってきていてさ・・・


「どうだった?」と、私が聞くと、突然、彼はげらっげら笑い出して、こう言った。

立ってやる便器の方の、丁度、目線の高さのところに、"1歩前に出て、しましょう"だってさ〜〜〜


あ、ありえない(゜Д゜;)



しかも・・・

夜の10時を過ぎたら、突然、部屋の空調が止まってしまった。
信州で11月初旬っていったら・・・・もうかなり寒いわけ!!!

部屋でがたがた震えていたんだけど・・・


どうにもこうにも寒くて仕方がないので、彼と意を決して・・・
フロント・・・ってか、オーナー夫妻のプライベートルームにつながってると思われる内線電話をかけてみる。


と!!!!!

「お布団に入っていただければ、寒くないはずですから!」だってさ。



ああああ〜〜〜_| ̄|○



泊まるとこ、大間違いしました


* おもひでポロポロ * 21:39 * comments(6) * trackbacks(0) *
| 1/1PAGES |
Lilypie First Birthday tickers Lilypie Kids Birthday tickers